本当に必要なものを次世代に残し繋げること

まず社会全体に多様性と寛容性が失われていると感じます。みんなが間違い探し、粗探し。閉塞感がまとわりついて縮こまってつまらない世の中になってしまったと思います。みんながみんな明るい場所を目指して進んでいたつもりが、そんな場所はどこにもなくて行き止まり、たくさんの人が帰る場所もなくさまよい溢れかえっている状態に感じます。
闇とか影とか必要なものを排除して、光がある事に気付けなくなってしまいました。
昔は人もたくさんいて、1つのことを極めたりする余裕があったのかもしれない。だからスペシャリストがたくさんいたし、スターも生まれたし、暗闇だらけの中で光を放つものは眩しかったと思います。
けれど今は違います。世の中が変わってしまったのだからスターだのスペシャリストだの言ってたら世の中回りません。1人がいくつものことをこなせなければならなくなり、みんな自分の事でせいいっぱい。余裕がなければ他人の事なんて気にする事が出来ません。他人を気にかけられないという事は常に孤独であるという事です。
私は、日本人は「足るを知る事」が必要だと思います。今とこれからの未来に本当に必要なものだけを残し繋げていくこと。政治には広げすぎて救えなくなった命やものを救えるように手を縮める勇気を持って頂きたいです。
コンビニエンスストアだけでなく専門店が商売出来る経済を取り戻して欲しいです。
あらゆる分野でスペシャリストが活躍出来る世の中を期待します。主婦キャッシング
少子化が進む中でまずは一番身近な人を思い合える心の余裕をみんなが取り戻して欲しいと思います。

都政とマスコミの報道のあり方について

近年の都知事および都政の不祥事の頻発は目に余るものがあるように見えます。
最近では、石原元都知事が築地市場の豊洲への移転問題で叩かれています。
しかし、私がより問題だと思うのは、石原氏がいう通り、科学的な調査では問題ないと思われる豊洲への移転を小池知事が無駄に引き伸ばしているように見えることです。そのために、かなり損失が出ているらしい。
それなのにマスコミは小池知事を批判するより、石原たたきを優先しているように見えます。
確かにこの問題における石原氏の責任は重いし批判されて当然だとは思いますが、今、実際に都政に携わっているのは、小池氏だという事を忘れてはいけない。豊洲移転を引き伸ばすことによって損失が大きくなれば、大問題になるのではないか。
今の小池氏は、石原氏や内田茂都議を悪に見立て、正義の味方のイメージで、もてはやされてきました。一度そういう良いイメージが付くと、マスコミは礼讃するばかりで悪い所は取り上げないという傾向があると思います。しかし、豊洲移転問題などで、小池知事の悪い所が無視できなくなったら、今度は小池知事が叩かれる事になるのではないか。
都民のほとんどはマスコミを通して都政のあり方を判断しているのですから、報道の優先順位をマスコミは考えてほしい。それから都民(私も含めて)もスキャンダラスな報道に惑わされずに都政を正しく評価出来るようにならなければいけないなと思います。みずほ銀行カードローン審査

給料日前1週間の夕食のメニュー

給料日前はあまりお金を使わずに、冷蔵庫やストックしていたものを使いきるようにしています。先月はこんな感じでした。
1日目はサバ缶の炊き込みご飯、豆腐の味噌汁、大根の皮入りのきんぴら
2日目はカレーライス、冷凍ブロッコリーと海苔あえ
3日目は2日目のカレーの残りでカレーコロッケ、モヤシとツナサラダ
4日目はパンを焼く、残り野菜のコンソメスープ、ひき肉入りオムレツ
5日目は残り野菜でオムライス、レタスの外葉と卵の中華スープ
6日目は、スープの残りで中華リゾット、もやしと豚こまの豆腐チャンプルー
7日目はハムとチーズと卵とほうれん草のバター炒めでおにぎらず、玉ねぎと小揚の味噌汁
我が家は肉体労働の主人と幼児が二人いるので、栄養のバランスも考えて食事を考えています。食費も削りすぎることはできないので、廃棄を減らして皮や外葉も調理したり、余り物をアレンジして翌日食べたりしています。日持ちする乾物や根菜類、冷凍野菜、缶詰はストックしておき、ピンチのときにはよく活躍します。残り物お弁当に持っていけるようにおかずは多目に作ります。でも、そんなときに限っておかわりされるとこも多いですが。あとは、お弁当と一緒に水筒に水やお茶を持っていくようにしています。これだけでも次に2000円くらいは浮いています。プロミス 審査

外食はスーパーの食品売り場のもので済ませる

お金が無くなってきた時には、外でコーヒーを飲んだり、昼食を食べたりする時にファーストフード店や定食屋に行くことを我慢します。
最近はコンビニやスーパーにイートインコーナがありますので、食品売り場で20パーセント引きの弁当や100円の総菜パンを買って済ませます。
店内で調理した安い惣菜パンを置くスーパも増えてきました。
コストパフォーマンスから考えたら抜群で、飲み物も70円台ぐらいからいろいろあります。
100円の総菜パン2つとフルーツジュースを買って、イートインコーナでゆっくり食事をとれますし、電源コンセント備え付けの席も増えています。
スマホの充電もしながら、休憩がゆっくりとれますので、無駄なお金を使わなくなりました。
ファーストフードやコンビニのひとつ100円のハンバーガやコーヒーを見て、安いと思わなくなりました。
食事時にはイートインコーナは混みますので、休憩をする時間をずらせば、席は思ったより空いています。
席が無ければ、待合室や自販機の隣に置いてあるベンチで食事をしたところで、そんなに恥ずかしい思いをすることも無くなりました。
ときどき手作りのお弁当などを持参して、飲料品だけはスーパーや自販機の商品を購入している人を良く見かけるようになりました。
それだけ節約しなければ生活が苦しい人も多いと奇妙な連帯感が湧いて来て、精神的にも励まされます。<a href=”http://www.boisadan.org/” target=”_blank”>プロミス 審査</a>