本当に必要なものを次世代に残し繋げること

まず社会全体に多様性と寛容性が失われていると感じます。みんなが間違い探し、粗探し。閉塞感がまとわりついて縮こまってつまらない世の中になってしまったと思います。みんながみんな明るい場所を目指して進んでいたつもりが、そんな場所はどこにもなくて行き止まり、たくさんの人が帰る場所もなくさまよい溢れかえっている状態に感じます。
闇とか影とか必要なものを排除して、光がある事に気付けなくなってしまいました。
昔は人もたくさんいて、1つのことを極めたりする余裕があったのかもしれない。だからスペシャリストがたくさんいたし、スターも生まれたし、暗闇だらけの中で光を放つものは眩しかったと思います。
けれど今は違います。世の中が変わってしまったのだからスターだのスペシャリストだの言ってたら世の中回りません。1人がいくつものことをこなせなければならなくなり、みんな自分の事でせいいっぱい。余裕がなければ他人の事なんて気にする事が出来ません。他人を気にかけられないという事は常に孤独であるという事です。
私は、日本人は「足るを知る事」が必要だと思います。今とこれからの未来に本当に必要なものだけを残し繋げていくこと。政治には広げすぎて救えなくなった命やものを救えるように手を縮める勇気を持って頂きたいです。
コンビニエンスストアだけでなく専門店が商売出来る経済を取り戻して欲しいです。
あらゆる分野でスペシャリストが活躍出来る世の中を期待します。主婦キャッシング
少子化が進む中でまずは一番身近な人を思い合える心の余裕をみんなが取り戻して欲しいと思います。